葺き替えとカバー工法

葺き替えとカバー工法の違いについて

主な屋根のリフォーム・修理には葺き替えとカバー工法があります。

葺き替え工事とは

屋根の葺き替え工事とは、簡単に言えば「元の屋根を取り外し、新しい屋根を取り付ける」ということです。

工事の期間としては2週間程度となります。

葺き替え工事のメリットとしては、全て屋根を取り外すので、目に見えなかった修繕個所を見つけることが出来ます。

更に下地も新しくするので雨や風などによる災害に強い屋根になります。

そして新しい屋根材にすることによって「耐震性」も強化されます。

唯一のデメリットしては他の施工方法より高額になってしまうこと。

ですが、当店では費用についても柔軟に相談させていただくのでお気軽にご連絡ください。

カバー工法とは

カバー工法とは、既存の屋根を解体せずに「今の屋根の上から屋根を取り付ける」工事のことを言います。

こちらは工事期間も短く、葺き替え工事よりも早くリフォーム・修理を終えることが出来ます。

メリットしては、葺き替え工事に比べて料金が安くなる、屋根を取り壊さないので廃材が出ないなどが挙げられます。

デメリットとしては、既存の屋根を取り外さないので、修繕個所が分かりづらい、屋根が2重になるので屋根材次第では重くなり、耐震性が低下するなどが挙げられます。

また劣化の激しい屋根はカバー工法が適用出来ない可能性もあるので、事前に一度ご連絡ください。